広角とマクロで一眼レフを楽しもう

 一眼レフデジカメがどんどん普及していますが、一方でコンパクトデジカメの高性能化も進んでいます。 コンパクトデジカメでも光学ズームが当たり前になり、顔を認識するオートフォーカスなど、普通に撮影するならコンパクトデジカメが便利ですよね。
でも、一眼レフデジカメの交換レンズを広角レンズマクロレンズにすれば、一眼レフのメリットを生かした一味違った写真を楽しめます。

 そもそも一眼レフとは、どんなしくみなのでしょうか。
 一眼レフは、ファインダーが別の窓になっていなくて、撮影用レンズを通った被写体からの光が撮影系統とファインダー系統の両方に届くように、反射鏡とプリズムを使った少し複雑な構造になっています。一つの眼(レンズ)と反射鏡(レフ)から一眼レフというわけです。
 特徴としては、本体内部に反射鏡やプリズムがあるため、カメラ本体が大きくなりますが、レンズを変えても、ファインダーで見える像と実際に写る範囲の差がないため、構図やピント合わせなど撮影結果をコントロールしやすく、いろんな交換レンズで多様な撮影に対応できるといったメリットがあります。

 

 

リンク


inserted by FC2 system